せどりの販路ごとの特徴、メリット、デメリット【令和3年11月】

スポンサーリンク

楽天やヤフーショッピングで購入した商品はどんな販路で販売していくのがよいのでしょうか?

いくつかの販路があり、それぞれ特徴がありますので、是非、参考にしてみてください。

販路の主な種類は?

販路は

・買取屋

・フリマ

・ネットショップ

・Amazon

などがあります。

それぞれ特徴がありますが、おすすめは買取屋です。

買取屋とは

■メリット

・即換金できる

・郵送買取可能

・買取価格をあらかじめチェックできるので、利益額を判断しやすい

■デメリット

・買取価格が常に変動してるので、思ったより利益が出ない時がある。

・東京に店舗が集中しているので、住んでる場所によっては郵送買取の配送料で利益が出にくい。

■主な買取屋

買取top、森森買取、買取商店、買取検索くん

※ハードオフなどの買取店はお勧めしません。

フリマとは

■メリット

・値段を自由に設定できる

・フリマのルール内の範囲であれば、新品、中古問わずどんな商品も出品できる。

・メルカリなどは送料が一部を除き一律なので通常の配送よりも安く済む。

■デメリット

・値下げ交渉される場合がある

・売買成立により手数料を10%ほど運営側に取られる

・売れないと在庫を抱えることになる

■主なフリマ

メルカリ、ラクマ、PayPayフリマなど、、

おすすめは利用者数が多いメルカリです。

https://jp.mercari.com/

paypayフリマ

https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/

ラクマ

https://fril.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&utm_content=brand&gclid=CjwKCAiAv_KMBhAzEiwAs-rX1LDY7UchOpKsmi9LtAk7gngjjDffV3iJz0PazaW50ZrtxsH6WwyW7xoC6fEQAvD_BwE

ネットショップ

■メリット

・値段を自由に設定できる

・無在庫販売も一部可能

・良い仕入れ先があれば店舗を拡大していける

■デメリット

・集客できないと売れない

・開設手続きが手間がかかる。一部個人事業主として届ける必要がある

■主なネットショップ

BASE、ヤフーショッピング、楽天など、、

Amazon

■メリット

・集客力ナンバーワン。ここで商品を目立たせることができれば売れやすい。

・小口出品なら月額利用料は無料

■デメリット

・売買成立により手数料が取られる

・販売ルールが細かい

・悪い評価が溜まるとアカウント停止になることがある

まとめ

個人でせどりを始めるなら、まずは買取屋やフリマから始めるのがおすすめです。

規模が大きくなってきたら、amazonやネットショップに挑戦してみると良いかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ITニュース
スポンサーリンク
シェアする
副業の自習室
translate
タイトルとURLをコピーしました